ゴキブリ駆除方法 > ゴキブリの習性について

ゴキブリの習性について

ゴキブリが家に出たら駆除したいと思いますよね。でもその前にゴキブリの生態についてちょっと知っておいてみてはいかがでしょうか?生態をしるとその駆除方法もちょっと変わって考えられるかもしれませんよ。

ゴキブリの生まれてからの変化の仕方ですが、通常の昆虫の場合「卵→幼虫→サナギ→成虫」と言う様に段階を踏んで成長していくのですがゴキブリの場合はこの成長過程が早くて「幼虫→成虫」と言う様になっている様です。また、幼虫の時と成虫の時で生息している場所が同じであると言う特徴もあるようです。

また、良くある話だと思うのですが夜中に電気を付けるとゴキブリに遭遇してビックリすると言う様な話を聞いた事ありませんか?経験した人も多くいると思いますが、屋内にいるゴキブリと言うのは夜行性の為にこう言った状況になる事も多く有るようです。また昼間は壁などの割れ目や裂け目、隙間等に潜んでいる為にあまり見る事が無いと言う事になります。でも夜と言っても夜遅くにはあまり行動しないみたいで、夜でも早い夜に行動する様です。

また、ゴキブリは人の気配を嫌うみたいなので夜中に行動すると言う事みたいです。また触角があるので暗くても平気でその触覚で食べ物の臭いを嗅ぎつけたり探したりするようです。

また、これも経験があるかもしれませんがゴキブリは羽がありますので飛ぶ事が出来ますが、上手に飛ぶ事が出来ない為に逆に人間としては恐怖に感じるのかもしれませんね。でもチャバネゴキブリは全然飛ぶ事が出来ない様なのでちょっとは安心かもしれませんね。そう言う状況ですから移動する手段は歩くと言う事だけみたいになります。また時速300kものスピードで走る事が出来るみたいですので容易には捕まらないと言う事になりますね。