ゴキブリ駆除方法 > ゴキブリにはどんな菌が潜んでいる?

ゴキブリにはどんな菌が潜んでいる?

ゴキブリが私達にもたらす害と言うのはどんなものがあるのでしょうか?不潔不潔と言われているゴキブリですが実際にどんな害をもたらすのか分かって無い所がありますのでちょっと説明してみたいと思います。

ゴキブリにはどんな菌が有ると思いますか?ゴキブリには「サルモネラ菌」と言う菌を保有しているみたいです。この菌の生存率はかなり高くてゴキブリの糞の中でも何年間も死なずに生息しているかなり生命力の高い菌になります。

このサルモネラ菌ですが、サルモネラ食中毒と言う感染型食中毒で有名な菌となります。日本ではこの食中毒がかなり多く発症しているみたいでその症状も嘔吐、下痢、発熱、消化器系の症状がみられるようです。ですからとても危険な菌になります。

またサルモネラ菌以外にも菌を保有していて、赤痢菌、ピロリ菌等もゴキブリの糞を介入して人へ感染していくと言う経路をたどる可能性があるそうです。こう言った菌達はアレルギーの症状が出る原因にもなると言われています。こう言った不潔で危険な害虫にはハエもいるのですが、その何倍もゴキブリは危険だと言う事が分かっています。

どうです?恐ろしいでしょう?ゴキブリを駆除する事がいかに大切かと言う事が分かって頂けたと思います。怖いからと言って放っておかず特に床を這う様な小さいお子さんやペットがいるご家庭では注意が必要だと思います。こう言った知識を良く覚えておいて危機感をきちんと持ってゴキブリ駆除に臨むのが良いと思います。